Lexusへ「CarPlay」搭載可能とする新システム「OEM Connected(仮)」開発開始のご案内

株式会社ビートソニック(本社:愛知県日進市 代表取締役:戸谷 勉)は、2016 年1 月6 日~9 日にかけてアメリカ・ラスベガスで開催される世界最大の電気機器の展示会、CES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショウ)に出展いたします。その会場にて、Apple 社製の車載OS「CarPlay」を、Lexus 車に純正装着されたAV システムに後付け可能とする新システム「OEM Connected(仮)」の開発を開始したことを発表いたします。また、実際にLexus 純正マルチファンクションコントローラー「Remote Touch」で「CarPlay」が動作するプロトタイプモデルを展示いたします。
img1_20151224_134337_EfIzVj

■開発の狙い
近年、IoT の進化に伴い、車載にもIoT 機器が登場しております。その中で、Apple 社は「CarPlay」、Google 社は「androidauto」など、IoT に対応した車載AV システムが登場し搭載車種が増えてきております。しかしながら、Lexus やトヨタの新型車は純正AV システムの「CarPlay」「androidauto」への対応を見送っております。また、中古車などで純正AVシステムのリプレイスが難しい車種などもあります。ビートソニックは、純正オーディオシステムのリプレイスが難しい車両のインターフェースを解析し、リプレイス可能とするオーディオ取付キットを20 年ほど前から手がけております。このように車両インターフェースを解析して製品開発を行ってきた技術力を元に、前述の「CarPlay」「androidauto」などが未対応となっている車種への「CarPlay」「androidauto」などを搭載できるユニット、そして接続インターフェースを一つのシステムとして開発し、今後、需要が大幅に増える車載のIoT 化にいち早く応えてまいります。

■展示されるプロトタイプモデルの特徴と製品版の発売予定時期など
・Lexus 純正のインターフェースを利用し、純正のコントローラやスイッチで違和感なく「CarPlay」が操作できます。
・取付はカプラーオンのため、配線を加工するなどの難しい作業が不要です。
・将来的にユニットのF/W をアップデートすることで、「androidauto」やその他のシステムへ発展させることができます。
・製品化の予定は2016 年6 月を予定し、最初の対応車種はLexus New GS から。その後、RX,IS,NX などを予定。
・ブース番号:Las Vegas Convention Center North Hall 3325

シェアをする

フォローする